ほうれい線の治療方法とは?

肌ハリ-「ほうれい線」は治療できる?

年齢を重ねるごとに目立ってくるほうれい線は、実際の年齢よりも老けた顔にみせてしまうのが悩みの種ですね。メイクでカバーできる程度ならまだしも、溝が深くなってまるで腹話術の人形のような口元になってしまっては困ります。では、メイクではどうにもならないほうれい線はどうすればいいのでしょう?

ここでは肌ハリ化粧品以外に二つの方法をご紹介しましょう。まず一つは「美容整形」です。美容整形によるほうれい線の解消には、顔にメスを入れて皮膚を引っ張るような大きな手術のほかに、もっと簡単にできる方法があります。

簡単なもので一般的なのは、ほうれい線の溝に沿ってコラーゲンやヒアルロン酸を注射器で注入するといった方法です。つまり、真皮層に足りなくなったり壊れてしまったコラーゲンを外から直接補い、表皮を下から持ち上げることによって、ほうれい線を目立たなくするのです。

近頃では、コラーゲンやヒアルロン酸よりも長期間に渡って効果が持続するエボレンスという成分が、コラーゲンを元にして開発されています。コラーゲンやヒアルロン酸にしてもエボレンスにしても、注入するだけなので手軽なうえすぐにメイクをしてもよいので、多くの人に重宝されています。

他にはPRP皮膚再生(皮膚若返りのため、自分の血液中の血小板を皮膚に注入する方法)とコラーゲンやヒアルロン酸注入の併用や、フェザーリフト(特殊な糸を使って顔のたるみを引き上げる方法)、サーマクール(高周波による肌の引き締め)といった施術があります。

いずれにせよ、自分の肌の状態としわの深さや長さによってどの方法が適しているか変わるので、まずはクリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。

次に、美容整形までは必要ないがほうれい線や肌のたるみを改善したい人やほうれい線の悪化を心配している人に向いている「イデバエ」による治療です。「イデバエ」にはより優れた小顔効果(メソリフティング効果)があり、効き目が速いという特徴から近頃人気の方法です。

具体的には、局所麻酔剤のクリームを塗り20~30分ほど安静にし、たるみの部分やホウレイ線の場所を確認しながら、「イデバエ」を注入します。大体、顔半分で20か所ぐらい注射することになります。針を刺す際にチクッとした痛みは感じるかもしれませんが、局所麻酔クリームを塗っているのでそれほどでもないでしょう。腫れたり内出血という心配なく、翌日にはメイクもできます。

美容整形にせよ他の方法にせよ、自分に合った方法をカウンセリングを十分に行ってから施術してもらいましょう。
ヴァーナル

効果的な睡眠でアンチエイジング

睡眠は美容にとっては重要だということは、誰もが知っている常識的なことですよね。実は睡眠は、アンチエイジングの観点からしても重要なことであり、肌だけでなく、身体的な年齢も睡眠によって、実年齢よりも若くなったり遥かに年上になったりするのです。

では、なぜアンチエイジングには睡眠が大切なのか、肌のアンチエイジングの観点からご紹介します。私達の肌は28日周期で、新しい肌へと生まれ変わりますが、これをターンオーバーと言います。

ターンオーバーとは、肌の代謝とも言われていますが、これは紫外線などによるダメージや加齢とともに、ターンオーバーの間隔ってどんどん開いていくのです。ターンオーバーの間隔が開いてしまうと、シミやたるみができやすくなります。実はこの、ターンオーバーは寝ている時に行われているため、睡眠ってとっても大切なのです。

しかし、正しい睡眠をしっかりとっていれば、ターンオーバーは正常化します。ターンオーバーが正常になると、古い肌がどんどん生まれ変わるので、肌トラブルを早期改善することもできるのです。このターンオーバーのサイクルを正常にするのに、一番大切なのが睡眠です。

やはり、お肌のゴールデンタイムとも呼ばれている22時から2時の時間帯は、しっかりと寝ておくことがおすすめです。この時間が良いと言われているのは知っていても、その理由を知らない人も多いでしょう。この時間帯は、成長ホルモンというものが多く分泌される時間なのです。

成長ホルモンは、肌のターンオーバーを促進する働きがあり、ぐっすりと良い睡眠をとることで、多く分泌されるようになるのです。だから、22時から2時の間は睡眠をとったほうが良いのです。また、時間帯だけでなく、睡眠時間も大きく関わります。最低でも6時間は寝るようにしてください。

睡眠は、体力を回復する時間でもありますが、睡眠時間が足りないと体力は回復しきれません。そして体力の回復にも、エネルギーが消費されるため、ビタミンやミネラルなど、アンチエイジングに効果的な栄養素を寝る前に摂取することがおすすめです。

このように、睡眠はアンチエイジングにとって大切なことなのです。しっかりとした睡眠をとれば、身体も健康的になりますし、痩せやすくもなりますので、この機会に、生活習慣を正してみてはどうでしょうか?


シミのメカニズムを知って、シミを防ごう!   シワのない肌を目指して

加齢に負けないハリのある肌のために